お金を稼ぐということ

こんにちは、りおです。

いきなりですがあなたは、お金を得るのに働く時間は関係ないっていうことを知っていましたか?

私は初めてこの話を聞いた時、なんとなくわかるような、わからないような…という感想をもちました。(ポンコツ感満載の考えですね)

バイトをしていたら時給で、会社員として働いていたら月給として、働いた時間でお給料は決まってきます。

だけど、本来は働いた時間ではなく、売上によって収入が決まってきます。
当然なのですが、売上をたくさん上げればそれだけ利益が生まれ、収入も多くなります。

そもそも、お金を稼ぐということは誰かに「価値を与える」ということになります。

例えばですが、トップユーチューバーとして人気のヒカキンさんは、2種類の方に「価値」を与えていることになります。

一つ目は「リスナーさん」、つまり、視聴者の方になります。
ヒカキンさんの動画を見ることで、楽しい、元気が出るといった「価値」を与えています。

二つ目は「広告代理店やCM主」になります。
ヒカキンさんの動画の途中で、CMが流れることにより、売上が上がるといった「価値」を与えています。
また、ヒカキンさんはこの広告代理店やCM主よりお金を得ています。

お金を稼ぐということは…
大変な思いをたくさんする
長時間働き続ける

ということに比例するものではありません。

何年もかけて自分の作品を書き続けて、世に出してみても売れなければお金は得られません。たくさんの年月をかけたからといって必ずお金をもらえるなんてことはないんです。

逆に、数日かけて世に出した作品が爆発的にヒットした場合、数日しかかけていないにもかかわらず、たくさんのお金をもらえることになります。

この2つの違いは、やっぱり「価値を与える」ことが出来ているかどうか、というものになります。

長い年月をかけて作った作品でも、他の人が良いなと思ってくれなかったら、それは誰かに価値を与えられていないことになるので、お金はもらえません。

一般企業で働いていると、どうしても長く務めることや、残業をしてお金を増やそうと考えてしまうと思うのですが、お金を稼ぐということは本来、「価値を与えているかどうか」ということになります。
(私も少し前までは、残業になっても、給料増えるからラッキー!という考え方でした)

もしもあなたが、ビジネスをしてお金を稼ぎたいと思っているのであれば、
「お金を稼ぐ=価値を与える」
という考え方がすごく大切になってきますので、ぜひ覚えて下さい。

高校を卒業して同じ会社で10年以上働いて、
手取りはやっと16万円。

手取りが20万円を超えるようになる為には、あと10年以上働かなきゃいけない…。

さらに自分のことや親の老後のことなど、お金に関する不安が
なくなることはありません。

このままじゃいけない!と思っていた時に、
今はインターネットを使って、誰でもビジネスをすることが
出来ると知りました。

会社のお給料とは別に、もう1つ収入の柱を増やすことが
出来たら、お金に関する不安も無くすことが出来ると思い、
ネットビジネスを始めました。
どんな方法でビジネスをやっているのか、
ビジネスを始めてどう変わったのか…

詳しいことはメルマガの中にてお話しています。
メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です