映画「何者」に学ぶアンチの心理

こんにちは、りおです

先日DVDをレンタルして「何者」という映画を見ました。

ネタバレを含む感想となっていますので、大丈夫な方のみ見てください*

 

簡単なあらすじ

朝井リョウさんの小説が原作です。

就職活動の情報交換のために集まった5人。

企業に入れば特別な「何者」かになれるのか、そして自分は何者になりたいのか。

それぞれが疑問を抱えながら就活に立ち向かっていた。

力を合わせて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをTwitterに呟くがそれは

あくまで表の顔。

やがて内定者が現れたとき、そこで見えてきたのはこれまで隠されてきた裏の顔だった。

 

何者に学ぶアンチの心理

ネタバレですが、この映画のタイトルになっている「何者」というのは

佐藤健さんが演じる主人公、二宮拓人の裏アカウントの名前です。

拓人は表向きには共に就活を頑張る仲間を応援していましたが、裏ではこの裏アカウントを使って、仲間を見下したり、かつては一緒に夢を見ていた友人をバカにしていました。

他人のことを悪く言う拓人だけど、そんな拓人自身もどこからも内定をもらえていなくて

「何者」にもなれていない…。という状況でした。

 

この拓人の心理って、まさにアンチに当てはまるものだなと思いました。

自分が何も成果を出せていないから、成果を出している人に嫌がらせをする。

でもそうやっているだけじゃ結局「何者」にもなれないんですよね。

 

自分がこうなりたい…!って目標があるのなら、その為にすることは

誰かの文句を言うことでも、嫌がらせをすることでもなく

目標に向かって「行動する」ことです。

 

感想

主人公が成果を出している人に対して、悪意のメッセージを送ったり、悪口を書いているシーンを見ては「いや…お前、やめろよ…」と思ってしまいました。

主人公の行動に呆れる反面、まぁ気持ちもわからないわけではないんですが。

やっぱり成果を出している人、それが自分の望むものだったら嫉妬するのは当然のことかな…と思うので。

でもそこで、嫌がらせをしているようじゃ何の成長も得られないんですよね。

私も時々、他の人の成果を見ては「良いなぁ…」と思うことがありますが、思うだけじゃ自分の成長にはならないので、少しずつでも行動するように気をつけています。

 

ちょっと話が変わりますが、アンチが付いてこそ1人前という記事を以前見たことがあります。

私はまだアンチがいないので、アンチが付くぐらいに成長したいな~と思います。

 

 

高校を卒業して同じ会社で10年以上働いて、
手取りはやっと16万円。

手取りが20万円を超えるようになる為には、あと10年以上働かなきゃいけない…。

さらに自分のことや親の老後のことなど、お金に関する不安が
なくなることはありません。

このままじゃいけない!と思っていた時に、
今はインターネットを使って、誰でもビジネスをすることが
出来ると知りました。

会社のお給料とは別に、もう1つ収入の柱を増やすことが
出来たら、お金に関する不安も無くすことが出来ると思い、
ネットビジネスを始めました。
どんな方法でビジネスをやっているのか、
ビジネスを始めてどう変わったのか…

詳しいことはメルマガの中にてお話しています。
メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です